こんな展開ある!? 惜しくも優勝を逃したシャルル・ルクレールをもっと応援したくなった【2019年F1第2戦バーレーンGP】

2019年F1第2戦バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km/57周)で行われ、F1の歴史に刻まれるであろうドラマティックな展開で幕を閉じました。

この日の主役は今シーズンからフェラーリに移籍したシャルル・ルクレール。1997年10月16日生まれ(21歳)、モナコ出身のルクレールはF1の登竜門であるF2で2017年にデビューイヤーにしてシリーズチャンピオンを獲得。さらに翌年からザウバー(現アルファロメオ・レーシング)でF1フル参戦デビューをし注目を集めていました。

映画「ハリー・ポッター」の主人公に似た(本人も自身のSNSで変装した写真を投稿するほど!)甘いフェイスで、F1女子の間でも人気が出そうなオーラを放っており、サーキットで一緒に写真を撮ってもらったことがあるのですが、179cmとスタイルも良くめちゃくちゃかっこいいんです!

そんなルクレールがバーレーンGPで本領発揮! フリー走行1と3でトップタイムを、更に予選ではキャリア初となるポールポジションを獲得しました!!

2番手はチームメイトのセバスチャン・ベッテル。「スタートからチームメイトバトルが勃発したらどうしよう」とドキドキしながら、TVの前で正座してその時を待ちます。

さぁ、ついに決勝スタート! スタートで出遅れたルクレールはベッテルに抜かれてしまいます。

さらに4番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)が好スタートをきめ、ルクレールの背後へ。ターン2〜3の立ち上がりでボッタスにもパスされ、オープニングラップ終了時点で首位ベッテル、2位ボッタス、3位ルクレールと大きく順位が入れ替わりました。

しかしルクレールは2周目のメインストレートでボッタスをパスし、2番手へ浮上! スタートから目間狂い順位争いに、深夜にも関わらずアドレナリン大放出です。

さらに5周目にファステストラップを更新すると、ベッテルの1秒以内へ! 「僕のほうが速いよ」と訴えると翌周の1コーナーでベッテルをパス!! トップの座を取り戻します。

スタート直後は「まだフェラーリは早かったか・・・」と思いましたが、このアグレッシブな走りに「もう新人ドライバーと言わせないぞ」という気迫さえ感じられ、将来が楽しみになった瞬間でした。

ルクレールはこの後、すばらしい走りでチームメイトのベッテルを大きく引き離し、他の上位勢と同じく2度のタイヤ交換を終えます。

『モータースポーツ』の最新記事

富士で2位! Modulo KENWOOD NSX GT3の大津弘樹選手が全日本F3にリトライする理由とは?
金丸ユウがポール・トゥ・ウィン!TCRJ初の連勝でランキングトップに【スーパーフォーミュラ第4戦富士】
TCSナカジマレーシングが9年ぶりとなる国内トップフォーミュラ優勝!【スーパーフォーミュラ第4戦富士】
甘いマスクで人気度ランキングはすでに上位入り? 日本初来日のパトリシオ・オワード選手【スーパーフォーミュラ第4戦富士】
TEAM GOH MODELSの金丸ユウが最後尾からの16台抜きでTCRJ2勝目を飾る【スーパーフォーミュラ第4戦富士】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事