パイオニアの「Intelligent Pilot」に眠気や脇見運転の検知が可能な通信型2カメラドライブレコーダーを追加

パイオニアは、2017年4月から既販車向けの先進運転支援システム「Intelligent Pilot(インテリジェントパイロット)」を展開しています。

同システムは、デジタル地図などを活用した「事故リスク予測プラットフォーム」と常時通信型IoT デバイスを連携させ、運転時の事故発生を未然に防ぐなど、安全運転支援の実現を目指すもの。

2019年4月から「Intelligent Pilot」においてドライバーの疲労や居眠りに起因する自動車事故を防ぐため、眠気や脇見の検知が可能なドライバーモニタリング機能を搭載した通信型2カメラドライブレコーダー「TMX-DM03」をラインアップに追加すると発表しました。これにより、ドライバーの状態をリアルタイムに把握し、さらなる安全運転支援が可能になります。

「TMX-DM03」は、赤外線対応の車内用カメラによりドライバーの眠気や脇見を検知するドライバーモニタリング機能を搭載。眠気検知機能として、AIを活用したアルゴリズムにより、まぶたの開閉時間だけでなく、まばたきの回数や顔の傾きなどを検知し、リアルタイムに眠気を判断して警告します。

さらに、脇見検知機能は、顔の傾き角度・時間を検知し、リアルタイムに脇見を判断して警告。今後は「個人認証」などの機能を拡充予定だそう。

前方カメラにより、ドライバーの危険運転を検知する安全運転支援機能を搭載。前方車両接近検知機能は、同一走行レーンの前方車両との距離が接近したことを検知し、注意喚起を行います。さらに、片寄走行検知機能としてレーンに偏った走行を検知し、注意を促します。

ほかにも、事故リスク予測による注意喚起・警告も用意。デジタル地図データやプローブデータ、事故発生地点、天気などの各種データと運転傾向などから事故のリスクをリアルタイムに予測し、事故リスクが高い場合のみ注意喚起、警告。さらに、
AIスコアリング機能「YOUR SCORING」として、デジタル地図データとGPSの位置情報を用いて、 ドライバーごとの潜在的なリスクまで診断する機能もあります。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事