スーパースポーツタイヤの「SportContact6」が新型・アウディRS4アバントのOEタイヤに採用

2019年2月に「EcoContact 6」を日本市場にリリースしたコンチネンタルタイヤは「グローバル戦略&ビジョン2025」を掲げ、世界でトップ3のタイヤメーカーの1つになることを目標としています。

今回、コンチネンタルタイヤは、スーパースポーツタイヤの「SportContact6 (スポーツ・コンタクト・シックス)」がアウディA4アバントのトップモデルとして1月28日に発表された新型「アウディRS4アバント」に新車装着タイヤとして採用されたとアナウンスしました。

タイヤは、275/30ZR20 (97Y) XLサイズの「SportContact 6 AO」で、室内騒音を削減し、ドライビングの快適性をより高めるコンチネンタルの「ContiSilent(コンチサイレント)」技術を採用。サイドウォールには、アウディの承認マークである「AO」が刻印されていて、「アウディRS4アバント」が追求する「スポーティネスとラグジュアリー性の極めて高いレベルでの両立に貢献したとしています。

「SportContact 6」は、コンチネンタルタイヤの最上級モデルで、世界中のスポーツカーやハイパフォーマンスモデルで新車装着タイヤとして数多く承認されているウルトラ・ハイパフォーマンス・タイヤ「SportContact」シリーズの最新モデル。高速での操作性、ウエット、ドライ両路面でのグリップ性能、安定性、安全性に優れたパフォーマンスは、ドイツの自動車雑誌「Auto Bild Sportscars」をはじめ海外の自動車雑誌で高評価を得ています。

「ContiSilent」は、車内で聞こえるタイヤノイズを抑制するように開発されたテクノロジー。タイヤトレッドの内側に薄いポリウレタンの発泡剤が取り付けられていて、タイヤが回転する際に発生する振動を吸収することで車台(シャシー)に伝わるバイブレーションを最小限に抑え、ノイズの発生を抑制します。こうした先進的な技術により、世界中のハイパフォーマンスカーの静粛性などに貢献しています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。