アストンマーティン100周年モデルは「DBS GT Zagato Centenary」で確定? 驚きの販売方法とは

●価格は9億円…ただし、単独購入は不可!?

アストンマーティンは、イタリアの老舗カロッツェリア「ザガート」創立100周年記念モデルを計画していますが、その車名が「DBS GT Zagato Centenary」となる可能性が高いことがわかりました。

昨年には「DBS GT Zagato」と呼ばれていた車ですが、詳細が徐々に見えたきました。同ブランドでは「世界で最も美しく、リアエンドは半分にカットされているような、不思議で劇的なデザインを持っている」と述べており、かなりミステリアスなモデルとなりそうです。

またパワートレインは、「DBS スーパーレジェーラ」から流用される5.2リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は757psを発揮。8速ATと組み合わされると予想されています。」

最大の驚きはその販売方法と価格です。顧客はこの「DBS GT Zagato Centenary」を単体で買うことは出来ず、「DB4 GT Zagato Continuation」と2車種セットで購入しなければなりません。その総額は600万ポンド(約9億円)で、わずか19セットのみ販売されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ブガッティが1000馬力のハイパーSUV計画か? 発売は2023年、軽量ボディにハイパワーエンジンを搭載
アウディ・A5カブリオレ改良型はココが変わる! 市販型プロトタイプをキャッチ
LFA以来の衝撃!? レクサス・LCに最強の「F」が設定。2019年内にデビューの噂
これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録
450psのスーパーワゴン「アウディ・RS4アバント」が大変身。改良型プロトタイプを初キャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事