新型BMW M3は8月オンラインデビュー!? Max500ps越え+「M xDrive」を搭載

【寒冷地テストを激写。次期型は3つのグレードが設定される?】

新型BMW・3シリーズのハードコアモデル、「M3 セダン」のテスト車両をスカンジナビアでカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、ダミーのヘッドライトを装着し、キドニーグリルをはじめフロントエンドは完全にカモフラージュされていますが、より広いトラックや「M」ブレーキキャリパー、クワッドエキゾーストパイプから「M3」であることは間違いありません。

次期型最大の注目は、「M3」史上初めて3つのグレードが設定されることです。1つ目は「ピュア」と呼ばれる軽量化に特化したモデルで、新開発3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は444psを発揮します。続いては「ベース」と呼ばれるグレードで、6速MTと組み合わされるFRピュアスポーツモデル。最高出力は475psが予想されています。そして最強モデル「コンペティション」は「M xDrive」を搭載した四輪駆動で、最高出力は500ps超えが期待できそうです。

3つのグレードには、「アダプティブサスペンション」と「リミテッドスリップディファレンシャル」が標準装備されるほか、「コンペティション」にはカーボン・セラミックブレーキ」がオプション設定される見込みです。

ワールドプレミアの場は、2019年9月のフランクフルトモーターショーが有力ですが、直前の8月にもオンライン公開が期待されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アウディ初の市販EV「e-tron」、最大503馬力の「S」設定へ!
これが新型BMW X6だ! モデル初のプラグインハイブリッドも設定?
開発中の新型ポルシェ・911 タルガ4の最強モデル「タルガ4 GTS」をキャッチ。0-100km/h加速3.5秒!
BMW・i8の新型モデルが開発中との噂。600馬力のフルEVが有力か?
英・ウルティマ、1200馬力の最強ライトウェイトスポーツ「RS」を発表
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事