アウディスポーツ・カスタマーレーシングチームが勢揃い! 2019年シーズンの意気込みを語る【Audi Sport Conference 2019】

【Audi Sportがプレスカンファレンスを開催】

2019年3月18日(火)にEX THEATER ROPPONGIで「Audi Sport Conference 2019」が行われました。

フォーミュラカーの原点でもあるAuto Union Type A(1934年)など、モータースポーツ界で100年の歴史を誇るアウディ。世界三大レースの一つであるル・マン24時間レースで1999年~2016年の間に総合優勝13回という偉業を成し遂げているのは、モータースポーツファンの方ならもちろんご存知ですよね。

近年では電気自動車のF1、フォーミュラEに第1シーズン(2014年-15年)からABT Schaefflerチームを支援する形でドイツメーカーとして初参戦。第4シーズン(2017年-18年)からファクトリーチームとして本格参戦を開始し、その初年度にチームタイトルを獲得しました。昨年の12月に開幕した第5シーズン(2018-19年)では、現在チームタイトル2位で選手権を戦っています。

アウディのモータースポーツ活動の柱のひとつ、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)では、これまで8回のマニュファクチャラーズタイトルを獲得。

今シーズンは2020年からスーパーGTにも取り入れられる「クラス1規定」にあわせた2リッター4気筒ターボエンジンの新型マシンで参戦します。

このように世界を舞台に活躍するアウディですが、アウディスポーツ・カスタマーレーシングプログラムにも力を入れており、日本では今シーズン、スーパーGT、ピレリスーパー耐久、TCR(ツーリング・カー・シリーズ)JAPANの3シリーズに参戦する9チーム10台のカスタマー(プライベート)チームをサポートすることを発表しました。

『モータースポーツ』の最新記事

トラストがeスポーツに参入! 2020年に「eGT」シリーズ(仮称)を立ち上げ
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ
高速性能はダカールラリーに必須! 日野のダカールラリーマシンがバンクを全開走行
日野のダカールラリーマシンが一新。フレームまで設計を変更して万全を尽くす

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事