これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?

スペイン車ブランドセアトの人気ハッチバック、「レオン」の次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

キャッチした開発車輌は、シャープにつり上がるヘッドライトを装着。以前はBMW「Z4」風ドットタイプのグリルを装着していましたが、最新プロトタイプではハニカムメッシュへ変更されているほか、三角に光る新デザインのテールライトもくっきりと見てとれます。ブレーキをかけると、リアウィンドウ下の第三のブレーキライトも同時に作動。テールライト外側部分はターンシグナルランプも兼ねています。

先日、セアトの親会社である、フォルクスワーゲン「ゴルフ」の新型プロトタイプをスクープしましたが、「レオン」次期型では、その新型ゴルフと「MQB」プラットフォーム共有するばかりか、ハイブリッドパワートレインまでも共有する完全な兄弟車となります。

予想されるパワーユニットは、新開発新開発の1リットル直列3気筒エンジンや、1.5リットルガソリンエンジンや1.6リットルディーゼルエンジン、そして2.0リットル直列4気筒の48Vマイルドハイブリッドモデルとなります。

キャビン内も刷新されます。VW最新のインフォテインメント技術を搭載し、無線でのアップデートのほか、音声制御をサポートする改良されたインターフェイスを持つようです。

新型では、5ドアハッチバックのほかにワゴンまたクロスオーバーモデルの設定が予想されます。セアトはジュネーブモーターショーで、VW「ID.」の兄弟車を発表しましたが、これはVWグループのEV用「MEB」プラットフォームに基づいており、「レオン」とはまったく別のモデルとなります。新型レオンの発表は、9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

Lynk & Co 第5のモデルはロータス初のクーペSUVと兄弟車に!?
メルセデス・ベンツ初のEVオフローダー「EQB」、航続500kmで2021年にもデビュー!
新型マツダ・アクセラに250馬力の高性能モデル「スピード」が設定か?
FFになっても「駆け抜ける歓び」は健在! BMW・新型1シリーズの最強ホットハッチをキャッチ!
メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」、最終デザインが徐々に露出!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事