ジュネーブでデビューしたアウディ・e-tronの派生モデル「スポーツバック」がテストを走行を開始

●e-tronの派生モデルはお約束(?)の「スポーツバック」

アウディは、ジュネーブモーターショー2019で初のEV「e-tron」に設定される派生モデル、「e-tronクワトロ スポーツバック」のプロトタイプを初公開しましたが、その市販型が走行テストを開始しました。

スカンジナビアで捉えたテスト車両は「e-tron」とデザインを共有します。しかし、Aピラーからリアエンドへ流れるようなファストバック・ルーフライン、ストリップLEDテールライトなどスポーティなデザインは継承されています。サイドミラーは、通常のウィングタイプが取り付けられていますが、電子ミラーもオプションで選択可能です。

e-tron同様にデュアルモーターを搭載して最高出力360psを発揮しますが、ブーストモード使用時には最大出力408ps・最大トルク664Nm、最高速度200km/hを発揮。5.7秒で100km/hに達します。また95kWh大容量リチウムイオンバッテリーにより、1回のフル充電により、400km以上の航続性能を持ちます。

最先端技術では、バーチャルコックピットを始め、360度ディスプレイとリアビューカメラを搭載した「パーキング システムプラス」「レーンデパーチャー ワーニング」「MMI ナビゲーション プラス」などが搭載されます。

市販型のワールドプレミアは早ければ2019年内、遅れても2020年前半が予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事