車名は「王位」。ランボルギーニ次世代ハイブリッドを予想する

ランボルギーニ次世代モデルを提案したCGを入手しました。デザイナーのAppu Koshy氏によって提案されたそのモデルは、イタリア語で「王座」「王位」を表す「TORONO」(トローノ)と名付けられたハイブリッド・スーパーカーです。

EVハイパーカー「テルッツォ・ミッレニオ」とエントリーモデル「ウラカン」を組み合わせたデザインで、車格的には「ウラカン」と同じか、よりコンパクトなサイズがイメージされています。

パワートレインについては言及されていませんが、車格からもSUV「ウルス」から流用される4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンに、電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルが想定できそうです。

エクステリアデザインは、水平Y字型LEDヘッドライト、大パノラマフロントウィンドウ、フロントスプリッター、大径カーボンホイールなど、アグレッシブなフロントエンドが特徴となっています。またY字LEDストリップライト、攻撃的ディフューザー、立体感のあるエアロパーツなどランボルギーニを象徴するデザインも見てとれます。

ランボルギーニでは、今後電動化が加速するとみられ、2020年以降、新型モデルラッシュが期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

心臓部はランボルギーニ製。ポルシェ カイエンクーペに最強「GT5」設定の噂!
スバル・レヴォーグの次期型は、e-Boxter搭載で東京モーターショーデビュー?
2021年にもフェラーリがマセラティへのエンジン供給終了!? 今後の行方は?
フェラーリの新型ハイブリッドは5月31日デビュー決定!顧客へ招待状を送付
ゴードン・マレー、新たなミッドシップモデルを計画中か? 価格は破格の4万ポンド!?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事