車名は「王位」。ランボルギーニ次世代ハイブリッドを予想する

ランボルギーニ次世代モデルを提案したCGを入手しました。デザイナーのAppu Koshy氏によって提案されたそのモデルは、イタリア語で「王座」「王位」を表す「TORONO」(トローノ)と名付けられたハイブリッド・スーパーカーです。

EVハイパーカー「テルッツォ・ミッレニオ」とエントリーモデル「ウラカン」を組み合わせたデザインで、車格的には「ウラカン」と同じか、よりコンパクトなサイズがイメージされています。

パワートレインについては言及されていませんが、車格からもSUV「ウルス」から流用される4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンに、電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルが想定できそうです。

エクステリアデザインは、水平Y字型LEDヘッドライト、大パノラマフロントウィンドウ、フロントスプリッター、大径カーボンホイールなど、アグレッシブなフロントエンドが特徴となっています。またY字LEDストリップライト、攻撃的ディフューザー、立体感のあるエアロパーツなどランボルギーニを象徴するデザインも見てとれます。

ランボルギーニでは、今後電動化が加速するとみられ、2020年以降、新型モデルラッシュが期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ホンダ フィット クロスオーバー予想CG
新型ホンダ フィットに初のSUVバージョンが設定!? エクステリアを大胆予想
インフィニティ ブラックS_外観003
インフィニティ最速の電動クーペ「ブラックS」がいよいよ市販化?
ブガッティ SUV 予想CG_001
初の3ドアSUV&世界最速モデルを開発中。ブガッティのCEOが語った驚異の計画とは?
アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
BMW 7シリーズ 外観_003
650馬力の電動モデル「i7」が設定か? BMW・7シリーズの次期型は電動化を加速へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事