車名は「王位」。ランボルギーニ次世代ハイブリッドを予想する

ランボルギーニ次世代モデルを提案したCGを入手しました。デザイナーのAppu Koshy氏によって提案されたそのモデルは、イタリア語で「王座」「王位」を表す「TORONO」(トローノ)と名付けられたハイブリッド・スーパーカーです。

EVハイパーカー「テルッツォ・ミッレニオ」とエントリーモデル「ウラカン」を組み合わせたデザインで、車格的には「ウラカン」と同じか、よりコンパクトなサイズがイメージされています。

パワートレインについては言及されていませんが、車格からもSUV「ウルス」から流用される4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンに、電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルが想定できそうです。

エクステリアデザインは、水平Y字型LEDヘッドライト、大パノラマフロントウィンドウ、フロントスプリッター、大径カーボンホイールなど、アグレッシブなフロントエンドが特徴となっています。またY字LEDストリップライト、攻撃的ディフューザー、立体感のあるエアロパーツなどランボルギーニを象徴するデザインも見てとれます。

ランボルギーニでは、今後電動化が加速するとみられ、2020年以降、新型モデルラッシュが期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事