【ランボルギーニ・ウルス試乗】SUVとしての魅力・使い勝手もしっかりと持つ、不思議な「スーパーカー」SUV

●加速感、そしてエキゾーストノートは紛れもなくスーパーカー

ランボルギーニといえば、フェラーリと並ぶイタリアンスーパーカーブランドとして有名な存在です。そんなランボルギーニからもSUVが発売されています。それが「ウルス」です。

ランボルギーニはかつてチーターやLM002というクロスカントリー4WDが存在していましたので、広義ではかなり古くからSUVを製造していたメーカーです。現代的解釈のSUVとしては、ウルスがランボルギーニ初のSUVということになります。

ウルスのプラットフォームはフォルクスワーゲンのトゥアレグなどと共通性のあるものですが、エクステリアデザインからはまったく想像できません。エクステリアのデザインはエッジの効いたシャープなもので、カウンタック以来連綿と受け継がれるランボルギーニそのもののスタイルです。

搭載されるエンジンはV8の4リットルで、最高出力は650馬力・最大トルクは850Nmにもなります。センターコンソール上の赤いキャップを持ち上げてイグニッションスイッチを操作すると荒々しくエンジンが息を吹き返します。パドルシフトを操作して発進。アクセルを踏んだ瞬間に、即制限速度です。ウルスの加速感、そしてエキゾーストノートはSUVのそれではなく、紛れもなくスーパーカーのものでした。

路面の継ぎ目などはある程度拾いますが、乗り心地はけっこういいものでした。エキゾーストノートは車内響きますが、風切り音やタイヤからのノイズなどはよく抑えられていて、プレミアムスーパーカーらしい雰囲気が作られています。試乗後にクルマをよく見ると、インナーフェンダーには起毛材が使われていました。

試乗車はリヤシートが左右分割の2名の4名定員仕様でした。リヤシートが3名分の5名定員モデルもありますが、雰囲気としては4名定員モデルのほうが「らしい」でしょう。ビックリするのはラゲッジルームが広くしっかりしていることでした。日本のSUVはどんどんラゲッジルームが小さくなっていますが、ここまでのスーパーSUVでも、しっかりSUVらしさを備えているところには感心しました。

(文・写真/諸星陽一)

『ランボルギーニ』の最新記事

710馬力にパワーアップされたランボルギーニ・ウルスのチューニングカーをABTが発表
【ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ・スパイダー試乗】スーパーカーとしてはかなり乗りやすいタイプ!?
ランボルギーニの次世代V10エンジンを搭載したウラカンEVOの写真が初公開
【新車】サーキットだけでなく公道も走行可能。スクアドラ・コルセ初のワンオフモデルとなる「ランボルギーニ SC18」が公開
【新車】ランボルギーニが提案する新しいモータースポーツ「スーパーSUVレース」用の「ウルスST-Xコンセプト」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事