アウディ・A4オールロードの改良型をキャッチ。デュアルスクリーン搭載&フロントマスクを刷新へ

アウディの屋台骨である「A4」ファミリーの改良型プロトタイプが続々と目撃されていますが、ついに「オールロードクワトロ」のテスト車両をカメラが捉えました。

北欧の山中で撮影された開発車両は、現行モデルと異なるヘッドライトユニット、コーナーエアインテークを装備。シングルフレームグリルはワイドな薄型に変化しています。またフェンダーやサイドシルにはオールロード特有のクラッディングが装着されています。リアエンドには最新デザインのテールライトや、スクエア基調のツインエキゾーストパイプが見てとれます。

A4ファミリー改良型では、室内も大刷新される可能性が高く、「A6」からインスパイアされたワイドなタッチ・デュアルスクリーンを搭載すると見られています。またドライバー・アシストや半自律機能などもアップデートされるはずです。

パワートレインは、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジンがキャリーオーバーされる可能性が高いですが、最新情報が入り次第お伝えします。「A4」ファミリー改良新型は、2019年末にセダンのワールドプレミアは予想されており、オールロードクワトロは、2020年内、あるいは2021年の登場が予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事