2019年のメルセデス・ベンツは新型コンパクト、新型SUV、新ブランド「EQ」シリーズ第1弾を日本で発表へ

●好調を維持するメルセデス・ベンツ、2019年も攻める!

2019年1月25日、メルセデス・ベンツは年頭記者会見を開き、2018年の振り返りと2019年の新型車発表、発売予定などを披露しました。

グローバル販売において、8年連続で過去最高を記録しているメルセデス・ベンツ。日本での販売も絶好調で、2018年は4年連続で輸入車の新車販売台数ナンバー1、6年連続でプレミアムブランド1位を獲得しています。

2018年の新車販売台数は6万7531台で、2017年の6万8215台から微減となっています。これは、ドイツ本国からの供給の問題やWLTCモードへの対応など、日本での登録が間に合わなかったなどの理由もあるよう。Vクラスは本国の事情で現在、ディーゼルエンジン仕様(ガソリン仕様を限定車で導入)がカタログ落ちしています。なお、受注ベースでは前年比増となったそうです。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【メルセデス・ベンツ C180試乗】1.6Lターボとは思えない上質なエンジンフィール。超一級品のドライバーズカー
メルセデス・ベンツが新型EVの「EQC」と未来の家「EQ House」を一般公開
【新型メルセデス・ベンツAクラス試乗】先代よりも140mmも長くなった新型Aクラス。居住性、積載性はどうなった?
【新型メルセデス・ベンツAクラス試乗】先代からの値上がりも十分に納得できるトータル性能の高さ
【新型メルセデス・ベンツAクラス試乗】「走る・曲がる・止まる・話す」の「話す」の実力は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事