【東京オートサロン2019】アウトドアの遊びゴコロのあるクルマを作らせたら日本一!3分で分かるTAS・メーカー編:スズキ

時間のない人、気の短い人に最適!自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介していきます!

東館ホール7の最奥にスズキのブースがあります。

このブースの注目点は、スズキが大の得意としている、アウトドア系のクルマを数多く展示している点です。昨年のスズキのビッグニュースと言えば、ジムニーのモデルチェンジです。新型になったジムニーは生産が追い付かないほどに、売れに売れており、今回は予想通り、そのジムニーのコンセプトカーが登場しました。ブースの壇上に並んでいるコンセプトカーの二台には要注目です。

ジムニーSURVIVE、そして、ジムニーシエラPICK UP STYLE。

どちらも、新型ジムニーを元にした、オフロードとアウトドアを意識したコンセプトカーです。「ジムニーSURVIVE」は、「極限に挑む、冒険心を書き立てろ!」をキャッチフレーズに、キャビン周りに張ったアウターロールケージや、ボディ各所へのプロテクターを装着した、スペシャルなクルマです。オフロードの中でも、特に過酷な環境であっても走破する目的とした、チビSUVとして、雰囲気作りはカンペキです。

実は、内装にも工夫を凝らしており、クルマの中を覗き込むと、登山で使うフックや、シートのサイドサポートへの装飾もアクセントとなっています。

荒れ果てた極限の状況でも、きっとこのジムニーならば、例え逆さまになるクラッシュをしても、生き抜くことができるのでしょうね。出来ることならひっくり返りたくはありませんが。

もう一台の「ジムニーシエラPICK UP STYLE」は、ジムニーシエラをベースとしたピックアップトラック風のコンセプトカーです。こちらは「無限の想像力を積み込もう」をキャッチフレーズに、荷台を装備しており、DIYを楽しむライフスタイルを目指してカスタマイズされています。ゴールドとウッド調のエクステリアや、ガラの付いたシート、オフホワイトのホイールなど、どこか懐かしささえ感じさせてくれる、「本気でほしい!」と思わせてくれる一台です。

レーシーなクルマを展示するメーカー系ブースが多い中、オフロードやアウトドアを楽しむクルマを毎年提案してくれるスズキ。こうした遊び心に溢れたクルマを作らせたら、本当に天才的ですね。ぜひ生で見てみてください。

(文:吉川賢一/写真:鈴木祐子)

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事