「過激すぎる」セダン。ベントレー・フライングスパー次期型のテスト車両がニュルブルクリンクで疾走

●EXP10スピード6からインスパイアされたデザインが予想される新型「フライングスパー」

ベントレー「フライングスパー」次期型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始。その模様をビデオに捉えました。

目撃したその走りは、コーナーでスキール音を轟かせ、テールスライドしながら駆け抜けるなど、とても4ドアサルーンと思えぬ過激な走行を見せていました。

「フライングスパー」は、2017年にフルモデルチェンジした2ドアクーペ「コンチネンタルGT」の4ドアバージョンです。

次期型には、同じVW傘下のポルシェ「パナメーラ」と共有する「MSB-F」プラットフォームを採用。ホイールベースを延長し、よりラグジュアリーな室内空間を提供してくれます。開発車両は未だフルカモフラージュですが「EXP10スピード6」からインスパイアされたデザインが予想されています。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力542ps・最大トルク770Nmを発揮するエントリーモデルや、6リットルW12型エンジンを搭載し、最高出力626ps、最大トルク900Nmのパフォーマンスを発揮するトップモデルをラインアップ。

中でも注目はベントレーのセダン初となるプラグインハイブリッドです。ポルシェパナメーラE-ハイブリッドから流用する3.6リットルV型6気筒+電気モーターシステムを搭載し、最高出力456psを発揮。電気バッテリーだけで最大31マイル(50km)の走行が可能だといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事