「過激すぎる」セダン。ベントレー・フライングスパー次期型のテスト車両がニュルブルクリンクで疾走

●EXP10スピード6からインスパイアされたデザインが予想される新型「フライングスパー」

ベントレー「フライングスパー」次期型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始。その模様をビデオに捉えました。

目撃したその走りは、コーナーでスキール音を轟かせ、テールスライドしながら駆け抜けるなど、とても4ドアサルーンと思えぬ過激な走行を見せていました。

「フライングスパー」は、2017年にフルモデルチェンジした2ドアクーペ「コンチネンタルGT」の4ドアバージョンです。

次期型には、同じVW傘下のポルシェ「パナメーラ」と共有する「MSB-F」プラットフォームを採用。ホイールベースを延長し、よりラグジュアリーな室内空間を提供してくれます。開発車両は未だフルカモフラージュですが「EXP10スピード6」からインスパイアされたデザインが予想されています。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力542ps・最大トルク770Nmを発揮するエントリーモデルや、6リットルW12型エンジンを搭載し、最高出力626ps、最大トルク900Nmのパフォーマンスを発揮するトップモデルをラインアップ。

中でも注目はベントレーのセダン初となるプラグインハイブリッドです。ポルシェパナメーラE-ハイブリッドから流用する3.6リットルV型6気筒+電気モーターシステムを搭載し、最高出力456psを発揮。電気バッテリーだけで最大31マイル(50km)の走行が可能だといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
レクサス LCコンバーチブル外観_007
レクサス最強オープン「LCコンバーチブル」の市販型をPV撮影現場でキャッチ
アジラニ・モータース外観_001
アラブ発、ドラゴンの魂を持ったハイパーカー。11月12日に世界デビュー?
ポルシェ 911 GT3ツーリング外観_006
新型ポルシェ 911に設定されるGT3ツーリングは「記録」より「興奮」を選んだ車
ダッジ チャージャー SRT外観_002
「悪魔」を移植!? ダッジ チャージャーSRTヘルキャットのモンスターカスタムを11月に公開
ランボルギーニ エストック外観_005
ランボルギーニ初の4ドアEV発売の可能性。プラットフォームをポルシェ タイカンと共有
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事