リアル「チョロQ」発見!? ランドローバー ディフェンダー次世代型3ドアをキャッチ

ランドローバーのオフローダー「ディフェンダー」の次世代型に設定される、3ドア「90」の開発車両を目撃しました。

先日スクープに成功した5ドアモデルと比較すると、極端にホイールベースが切り詰められている上、ボックスタイプのカモフラージュにより、まるで「チョロQ」のようです。次期型にはEVやプラグインハイブリッドの設定も予想されており、さしずめ電動仕様の「リアルチョロQ」といったところでしょうか。

ハイライトは、ジャガー・ランドローバーの次世代プラットフォーム「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)の採用です。内燃機関、プラグインハイブリッド、EVなど、あらゆるパワートレインに対応し、軽量かつ剛性が高く、独立式リアサスペンションにより、最高の乗り心地を実現します。

パワートレインの詳細も見えてきました。エントリーモデルには最高出力290psを発揮する2.0リットル直列4気筒「インジニウム」ガソリンエンジン、234psを発揮するディーゼルターボエンジンをラインアップ。9速ATトランスミッションと組み合わされます。そのほか上記の通り、遅れてプラグインハイブリッドやEVの設定も期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型 日産・ジュークは電動化を強化。デビューは2019年秋!
メルセデス・ベンツ GLBのトップモデル、383馬力の「AMG GLB 45」を設定へ!
VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?
今度はSUVだ!18年ぶり復活の「プーマ」高性能モデルをキャッチ
価格は「リーズナブル」な4億円!? ブガッティに新たなワンオフモデル計画が浮上

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事