【東京オートサロン2019】スズキブースの大注目は「ジムニー サバイブ」と「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」!!

■市販されれば大人気間違いなしのモデルが出品

2019年の東京オートサロンのスズキブースでは、厳しい自然の中を進んでいく力強さをイメージした「ジムニー サバイブ」、DIYなどの趣味や生活の様々な場面で活躍する荷台を備えた「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」、イメージカラーであるチャンピオンイエローのボディカラーを高彩度イエローパールに進化させたという「スイフトスポーツ イエローレブ」など、個性あふれるモデルが参考出品されます。

「ジムニー サバイブ」は、その名前から想像できるように極限の環境、状況下でも走破できるイメージが付加されています。本格オフローダーとしての性能をさらに進化させた新型ジムニーをベースに、厳しい自然の中を進んでいく力強さ、孤高の世界観をイメージしたというコンセプトカー。

同じく参考出品の「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」は、新型ジムニーシエラをベースに、相棒として活躍してくれるシーンをイメージしたというコンセプトモデル。DIYなどの趣味や生活の様々な場面で、4WD性能と荷台の利便性を必要としているユーザーの頼れる相棒として開発したとしています。

ジムニー、シエラの両コンセプトカーともに市販化されれば、根強いファンから熱烈な支持を受けそう。

鮮やかなイエローボディが際立つ「スイフトスポーツ イエローレブ」は、スイフトスポーツのイメージカラーであるチャンピオンイエローをより進化(深化)。大人の本格スポーツモデルという位置づけで、究極のイエローを表現したショーモデル専用の車体色である高彩度イエローパールをまとっています。

そのほか、市販車では新型スペーシア ギアをはじめ、新型ジムニーシエラ、スイフトスポーツ、クロスビー、新型ジムニー、ハスラー ワンダラー、アルトワークスも出展されます。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事

スズキ GSX250R試乗レポート:見た目ほどハードじゃない。優しい乗り味がお好みならぜひ!
【新車】ハスラー、ジムニーに続くヒット作になる!? 期待のスズキ・スペーシア ギアは1,614,600円〜
【スペーシア ギア開発者インタビュー】ガンメタパーツを効果的に配することでSUVらしさを演出
【スズキ・スペーシア ギア登場】撥水素材を使った専用内装で、見た目も実用性もSUVらしさを向上
【スズキ・スペーシア ギア登場】アウトドアテイストのスーパーハイトワゴンは、専用装備でSUV風味が満載

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事