開発中の新型シボレーコルベット、「マンタレイ」の名称で3モデルを設定か?

シボレーコルベット次期型「C8」に関する最新情報を入手しました。これまで「ZORA」の名称が予想されていましたが、新型では「マンタレイ」の名称が与えられる可能性が高いことがわかりました。

「マンタレイ」は、1968年に発売された第3世代コルベット「C3」誕生前に制作されたコンセプトカーです。「C2」のマコ・シャークをベースに制作されたモデルで、実に50年ぶりの採用となります。ただし、これが市販型に採用されるのか、コードネームなのかは不明です。

パワートレインのラインアップも見えてきました。エントリーモデルには5.2リットルV型8気筒「LT1」アップグレード版を搭載し、最高出力は500psを発揮。その上には「グランドツアー」を設定。最高出力600psを発揮するキャディラック最新の4.2リットルV型8 気筒ツインターボエンジンを搭載します。

そして頂点には、「グランドスポーツ」をラインアップする。5.5リットルV型8気筒「ビーストリー・ツインターボ」エンジンを搭載し、最高出力は800psから850psが予想されます。

ワールドプレミアは、2019年内と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW・i8の新型モデルが開発中との噂。600馬力のフルEVが有力か?
英・ウルティマ、1200馬力の最強ライトウェイトスポーツ「RS」を発表
新型 日産・ジュークは電動化を強化。デビューは2019年秋!
メルセデス・ベンツ GLBのトップモデル、383馬力の「AMG GLB 45」を設定へ!
VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事