【新車】2019年モデルのジャガー・E-PACEは人工知能を備えた「スマート・セッティング」を新設定

「ベイビー・ジャガー」を謳うプレミアムコンパクトSUVのジャガー「E-PACE(Eペイス)」。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2019年モデルの受注を2018年12月21日(金)から開始すると発表しました。

数多いコンパクトSUVの中でも1.9mというワイドな全幅が際立っています(全長4410×全幅1900×全高1650mm)。

ピュアスポーツのFタイプからインスピレーションを得たというデザイン、スポーツカーのような走り、そしてSUVならではの実用性を兼ね備えたE-PACEの2019年モデルは、最高出力147kW/200psを発揮する2.0Lの直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンが新たに追加され、全30機種展開に拡充。

価格も見直され、443万円からというエントリー価格になったのも朗報です。

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

先進安全装備を満載した新型レンジローバー・イヴォークが2019年夏にも日本導入!?
「普通のクルマ」として選択できる熟成度と車輌全体の造り込み【ジャガー・I-PACE試乗】
ジャガー初のピュアEVであるI-PACEが「ワールド・カー・アワード2019」で3冠達成
【ジャガー・I-PACE試乗】AIアルゴリズムを使った「スマート・セッティング」など先進技術を満載
【ジャガー・I-PACE試乗】ポルシェ・マカン ターボが標的か!? 全身バネのような圧倒的な加速に驚き

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事