【新車】2019年モデルのジャガー・E-PACEは人工知能を備えた「スマート・セッティング」を新設定

「ベイビー・ジャガー」を謳うプレミアムコンパクトSUVのジャガー「E-PACE(Eペイス)」。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2019年モデルの受注を2018年12月21日(金)から開始すると発表しました。

数多いコンパクトSUVの中でも1.9mというワイドな全幅が際立っています(全長4410×全幅1900×全高1650mm)。

ピュアスポーツのFタイプからインスピレーションを得たというデザイン、スポーツカーのような走り、そしてSUVならではの実用性を兼ね備えたE-PACEの2019年モデルは、最高出力147kW/200psを発揮する2.0Lの直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンが新たに追加され、全30機種展開に拡充。

価格も見直され、443万円からというエントリー価格になったのも朗報です。

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

Formula EのサポートレースもやっぱりEVによるワンメイクレース
「ベイビー・ジャガー」E-PACEは雪上でも頼れる安心感を披露【ジャガー・ランドローバー雪上試乗会】
【新車】ジャガー・F-PACEが2019年モデルにスイッチ。550ps/680Nmを誇る「SVR」を追加
【新車】ジャガー初のピュアEV・I-PACEが、ユーロNCAPで最高評価の5つ星を獲得
【新車】ディスカバリー・スポーツの2019年モデルに限定グレードの「ランドマークエディション」が追加

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事