【新車】プジョー・308のガソリン車もパワートレーンを改良。全車8ATを採用

プジョー・308がパワートレーンを中心とした改良を受けました。ディーゼルエンジンは、新開発の「DV5型」を搭載することで1.5Lにダウンサイジングされ、ガソリンエンジンもヨーロッパでの新しい規制、EURO6.2に対応するために各部の改良が施されています。

1.2Lの直列3気筒ガソリンターボエンジンは、新インジェクションシステムを採用し250barの高圧燃料噴射ポンプや2つのセンサー、そしてガソリン専用GFP(Gasoline Particle Filter)が搭載され、さらにターボの制御を電子制御式に変更するなど、大幅に手が入れられています。

トランスミッションは、先に「308 GT BlueHDi」に採用されていた新世代電子制御8速ATの「EAT8」を新たに搭載。これにより、プジョー308は全車8速AT(パドルシフト付)になっています(MTのGTiをのぞく)。

このEAT8は、3つのドライブモードの選択が可能です。省燃費の「エコモード」は、エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に寄与するモード。

「通常モード」は、シフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートの最適化されます。そして「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更により、文字どおり俊敏かつダイレクト感のある走りが可能。

ほかにも、アクティブクルーズコントロールが全車に標準装備され、Peugeotミラースクリーン(Apple CarPlayに対応)を搭載。

さらに、今回の新エンジン導入特別仕様車として「308 GT Line」も設定されています。「GT Line」には、チェッカータイプフロントグリル&リヤアンダーガーニッシュ、17インチアロイホイール&225 45/R17タイヤ、アクティブクルーズコントロール(標準)、アクティブセーフティブレーキ(標準)、アクティブブラインドスポットモニターシステム、パークアシスト、GT Lineエクステリア(サイドスカート)&レッドステッチ・インテリア(革巻小径スポーツステアリング/シート/ドアトリム/アームレスト/フロアマット)、ドライバースポーツパック、アルミペダルを特別装備。

価格は「308 Allure(アリュール)」が2,839,000円、ワゴンの「308 SW Allure」が3,087,000円、特別仕様車の「308 GT Line」が3,089,000円です。なお、ガソリン仕様のデリバリーは2019年第2四半期を予定とされています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】プジョー・308が刷新。新型のディーゼルエンジンは1.5Lにダウンサイジングしながら最高出力を10psアップ
https://clicccar.com/2018/12/20/669781/

『プジョー』の最新記事

【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立
【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事