【新車】日産・エルグランドがマイナーチェンジ。先進安全装備をグレードアップ

【日産のフラッグシップミニバン「エルグランド」が商品改良】

・先進安全装備をグレードアップ

日産のフラッグシップミニバン「エルグランド」がプリクラッシュセーフティ機能の向上を中心とした商品改良を受けました。

前方の車両や歩行者を検知して緊急時のブレーキをアシストする「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、先行車や対向車のライトや周囲の明るさを検知し、ヘッドライトを自動的に上向きと下向きに切り替える「ハイビームアシスト」のほか、「LDW(車線逸脱警報)」、「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」、「進入禁止標識検知」を標準装備としています。

さらに、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突の防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、前方の歩行者に対しても察知し作動するように進化しています。これらの装備により、安全運転サポート車、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)ワイド」に対応しています。

高速道路などでの長距離ドライブ時に役立つ追従型クルーズコントロールである「インテリジェントクルーズコントロール」は、「250XG」グレード以外に標準装備となっています。これにより、AEB、ADASという世界的な技術トレンドを標準装備化したことになります。

メーカー希望小売価格は、3,318,840円~8,164,800円となっています。

(山本晋也)

『日産自動車』の最新記事

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】
苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話
【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?
日産が「e-POWER」で欧州に殴り込み!? 欧州発表モデルに感じた心配事とは?【ジュネーブモーターショー2019】
大阪でも好評の「オーテックブルー」。リーフオーテックへも強い期待

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事