【新車】ホンダ・ヴェゼルに1.5L VTECターボが新設定。新色も追加

【ホンダ・ヴェゼルにターボが新設定】

ホンダのグローバルモデルにして、超人気のSUVモデル「VEZEL(ヴェゼル)」に新しいパワートレインを搭載したグレードが登場します。

これまで、1.5L ガソリン直噴エンジン、1.5L ワンモーターハイブリッドをラインナップしていましたが、ついに1.5L VTEC TURBOエンジン搭載の「VEZEL TOURING・Honda SENSING」の追加設定を宣言、ホームページで先行公開しています。

新グレード名となる「TOURING」を与えられたモデルのエンジンは、シビックやステップワゴンなどでお馴染みの1.5L VTEC TURBO。いくつかの仕様があるエンジンですが、ヴェゼルが埼玉県の寄居工場で生産されていることを考えると、同じ工場で作られているシビックセダンと同等のエンジンを積むと予想されます。

ちなみに、シビックセダンのエンジンスペックは、最高出力:127kW[173PS]/5,500rpm、最大トルク:220Nm[22.4kg-m]/1,700-5,500rpmとなっています。

車名にもあるようにホンダのプリクラッシュセーフティシステム&運転支援システム・パッケージである「Honda SENSING」を標準装備していることは明確です。

そして、この新グレード追加に合わせて、ボディカラーに「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」と「スーパープラチナグレー・メタリック」を新設定することも発表されました。公開されたインテリアの画像は、専用のブラウンインテリアであることを示しています。

1.5L VTEC TURBOを積んだヴェゼル・ツーリングの発売は2019年1月31日の予定。価格次第では国内SUV市場において大きな存在感を示すことになりそうです。

(山本晋也)

【関連リンク】

VEZEL TOURING・Honda SENSING先行公開ページ
https://www.honda.co.jp/VEZEL/touring/

『ホンダ』の最新記事

人気沸騰間違いなし!! ホンダ・クロスカブ110の「くまモン」バージョンが登場
年内発売のEV・ホンダeの「カメラ式ドアミラー」が興味深いワケ【ジュネーブモーターショー2019】
軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】
ホンダの電気自動車「Honda e」プロトタイプが全身画像を公開【ジュネーブモーターショー2019】
2019年後半に生産を開始する新型EVのプロトタイプ「Honda Urban EV Concept」が世界初公開【ジュネーブモーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事