【東京オートサロン2019】新型Mazda 3(アクセラ)を日本初公開。CX-8、CX-5、ロードスターの用品装着車も出展

マツダは、今年11月にロサンゼルス自動車ショーで初公開された新型「Mazda3(北米仕様ベースの用品装着車)」を、2019年の東京オートサロンで日本初公開すると発表しました。なお、ハッチバック、セダン、Mazda3 CUSTOM STYLEの出展が予定されています。

同社が掲げる今年の出展テーマは「Be a driver. 〜マツダの新時代の始まり〜」としています。マツダはMazda3から第7世代となる新世代商品群にシフトし、日本初公開となる新型Mazda3の用品装着車3台のほか、最新のマツダCX-8、マツダCX-5、マツダ ロードスターをベースにした用品装着車を出品。

また、モータースポーツコーナーでは11月に米国で開催された「2018 Global Mazda MX-5 Cup Challenge(世界一決定戦)」で日本を代表して参戦したチームの車両2台が展示されます。

さらに、車両展示に加えて、新型Mazda3の開発スタッフやデザイナーによる限定セッション(事前抽選制)やトークショー、MX-5 Cupレーサーによるトークショーなどの開催も予定されています。新型「Mazda3」の限定セッションは、オフィシャルサイトでメールアドレスを登録の上での応募になります。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

東京オートサロン出展情報掲載ページ

http://www2.mazda.co.jp/beadriver/event/autosalon_automesse2019/

『マツダ』の最新記事

マツダが「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」で、第53回機械振興賞の「経済産業大臣賞」を受賞
マツダが1310MPa級の高張力鋼板冷間プレス部品を世界で初めて開発。Mazda3に採用へ
【シカゴオートショー2019】マツダMX-5(ロードスター)30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開
【新車】アウトドア派に応えるマツダ・フレアワゴン・スタイルが登場
【新車】マツダ・キャロルが一部改良で安全装備をアップデート。一部デザインと仕様を変更

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事