【新車】ダイハツ・ハイゼット カーゴのMT車にも「スマートアシストⅢ」を標準装備。ほぼ全ての商用車に「スマアシ」を搭載完了

軽のキャブタイプのバンであるダイハツ・ハイゼット カーゴが一部改良を受けました。直近では2017年11月にマイナーチェンジを実施し、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」をAT車に採用。 軽商用車で初めて歩行者も認識して作動する衝突回避支援ブレーキなどが搭載されています。

今回の改良では、トラックのハイゼットと同様に、従来のAT車に加えてMT車にも「スマートアシストⅢ」を標準装備(スペシャル、 デラックスを除く全グレードに標準装備)することで安全性能を向上。

併せて「スマートアシストⅢ」搭載車には、 左右後方の障害物を検知して警告音で知らせるコーナーセンサー(リヤ)やVSX&TRC、エマージェンシーストップシグナルなどの安全装備を用意。さらに、IRカットガラス(フロントウインドゥ)、トップシェイドガラス(ブルー)などの快適装備が採用されています。また、ハイゼット カーゴ特装車のデッキバンや2シーター系車種などのMT車にも同様に「スマートアシストⅢ」が搭載されています。

ダイハツは、先述したように2017年には「ハイゼット カーゴ」のAT車に「スマートアシストⅢ」を、2018年には「ハイゼット トラック」に「スマートアシストⅢt」を搭載。今回の一部改良により、すべての軽商用車ラインナップ(一部特装車を除く)に「スマートアシスト」の搭載を完了したことになります。ハイゼット カーゴの価格帯は、934,200円~1,495,800円。特装車は、934,200円〜1,617,840円です。

(塚田勝弘)

『ダイハツ』の最新記事

【新車】ダイハツがマレーシア向けに7人乗りコンパクトSUVの「アルス(ARUZ)」を発売
【ミラ トコット試乗】ダイハツの「プリティ軽」トコットは一般道から高速道路まで乗り心地しっとり
【新車】CFRP製ハードルーフを備えたコペン・クーペが200台限定で登場。価格は2,484,000円〜
【東京オートサロン2019】ダイハツは市販予定車のコペン・クーペやミラ・トコットなどのコンセプトカーを出展
ダイハツがアトレーワゴンをベースとした車両で「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参画

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事