メルセデス・ベンツ最小クラスとなる電動クロスオーバーSUV、スマートベースで開発中か!?

メルセデス・ベンツが、「GLA」より小さいクロスオーバーSUVを計画しているという情報を入しました。その予想CGを、同ブランドのデザイナー実習生、David VoltnerさんがSNSで公開しています。

同氏は、ドイツ・ヴュルテンベルク州ジンデルフィンゲンにあるメルセデスのデザインスタジオで彼は描いたといいます。先日、2026年にもスマートが消滅し、後継モデルがメルセデス・ブランドから登場する可能性がると報じましたが、これがその後継モデルとなるか、それとは別の新型モデルかは定かではありません。しかし、メルセデスが欧州Aセグメントのモデルを計画している可能性はあるようです。

情報によると、プラットフォームをスマートと共有しますが、ホイールベースは延長されるようです。EQシリーズとにたフロントエンドを持ち、丸みを帯びたボディシルエットで、4ドア4シーターレイアウトが予想されます。

エクステリアデザインが優先されており、ラゲッジルームのスペースが犠牲にされている可能性もあります。最高出力は114ps程度と予想されています。スマートが消滅するとしても、最短で2026年と先のため、それ以前にスマートのメルセデス版として登場する可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ Q5内観_002
ディスプレイが大きくなった! アウディ Q5改良型のコックピットを撮影成功
フィアット 500外観_001
フィアット500、ハッチバックとカブリオレが生産終了の噂。新型はEVモデルに移行?
ブガッティ シロン外観_002
490.48km/hの世界最速モデル。ブガッティ「シロン ロングテール」市販化へ!
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズが外観_003
究極のメルセデスAMGがニュルを疾走。「GT R ブラックシリーズ」の最新プロトタイプをキャッチ
BMW X2 PHV外観_003
BMW X2初のPHEVモデルをスクープ! システム合計220馬力を発揮
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事