スズキ・ソリオが「JNCAP」の予防安全性能評価で「ASV+++」を獲得。クロスビーは衝突安全性能評価で「ファイブスター」に

2018年度(平成30年度)の「JNCAP」による予防安全性能評価、衝突安全性能評価が自動車事故対策機構により公開されています。

スズキでは、同社の予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」を搭載したコンパクトカーのソリオ/ソリオ バンディットが、平成30年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価となる「ASV+++(トリプルプラス)」を獲得しています。また、クロスビーは、平成30年度JNCAP衝突安全性能評価において、最高評価となる「ファイブスター賞」を受賞。

予防安全性能評価は、予防安全装置の性能を評価するもので、平成30年度は「衝突被害軽減制動制御装置(対車両)」「衝突被害軽減制動制御装置(対歩行者)」「車線逸脱抑制装置など」「後方視界情報提供装置」「高機能前照灯(オートハイビームなど)」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」の評価点を合計したものです。今年度から4段階の評価が行われ、「ASV+++」が最高評価になります。

なお、クロスビー(HYBRID MZ)の予防安全性能評価の方は、被害軽減ブレーキ(対車両)が32.0/32.0、被害軽減ブレーキ(対歩行者)が14.9/65.0、車線逸脱抑制が8.0/16.0、後方視界情報が6.0/6.0、高機能前照灯が1.4/5.0、ペダル踏み間違え時加速抑制が1.6/2.0で、合計63.9/126で、「ASV++」となっています。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事

スズキの新型「KATANA(カタナ)」、モーターサイクルショーでついに日本初公開!
【スズキ・スペーシアギア試乗】ターボをアシストするマイルドハイブリッドのスムーズな走り
【スズキ・スペーシアギア試乗】SUVテイストを加えた高いデザインとプランニング力が光る新型ハイトワゴン
【新車】インド向けの新型スズキ「ワゴンR」はボディサイズを拡幅してAセグメントに大型化
スズキ GSX250R試乗レポート:見た目ほどハードじゃない。優しい乗り味がお好みならぜひ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事