憧れのドライバーになるチャンス!? ポルシェジャパンが発表した「ポルシェ Eレーシング ジャパン」とは?

11月30日(金)にポルシェジャパンの2019年モータースポーツ活動に関するプレスカンファレンスが行われ、2つのビッグニュースが飛び出しました。

まず1つめは「2019年カスタマーレーシングシリーズ」について。

ポルシェジャパンといえば、日本で最も長い歴史を誇るワンメイクレース「ポルシェ カレラカップ ジャパン」が有名ですが、2019年はこれに加え世界中で注目を集めているGT4車両を使った新シリーズ「ポルシェ スプリントチャレンジ ジャパン」の開催が発表されました。

「早く言いたくてうずうずしていました」と満面の笑みでレースの詳細を語るのは、発表会に登壇したポルシェジャパン株式会社代表取締役社長・七五三木敏幸氏。

こちらのシリーズは従来の「ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン」と統合し、GT3車両のポルシェ911GT3カップとGT4車両のポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツを混走させるというもの。

GT4車両が日本へ導入されるのは2019年後半になる予定だそうで、混走を見られるのはもう少し先になりますが、日本のカスタマーレーシングシリーズの新たな歴史が刻まれる瞬間に期待したいですね。

この新しいカテゴリーの誕生について、七五三木氏は以下のように語りました。

「モータースポーツはポルシェのDNAです。往年モータースポーツ活動に特化したカンファレンスは行っていませんでしたが、これは私共ポルシェジャパンや世界各国のポルシェがモータースポーツ活動に取り組んでいることを改めて皆さまにお伝えしたかったからに他ありません。ポルシェジャパンは2019年から新たな活動を展開し、国内におけるモータースポーツを強化してまいります。我々の積極的な取り組みは、スポーツカーメーカーであるDNAが流れているということをご理解いただけると幸いです」

『ポルシェ』の最新記事

【新車】新しいV6ターボを得たポルシェ・マカンSは最高出力354馬力!予約受注がスタート
【新車】圧倒的なリセールを誇るポルシェ・マカンに、新しい3.0L V6ターボエンジンを積んだマカンSが登場
【新車】日本でも絶大な人気を誇る、新型ポルシェ・マカンが2019年夏から発売。価格は据え置きの699万円
【ロサンゼルスオートショー2018】最良最新のポルシェ・911を発表。従来型の違いは……よくわからない⁉
【ロサンゼルスオートショー2018】8代目(992型)ポルシェ911が登場。パワーアップと同時にポルシェ初の「ウェットモード」を用意

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事