【幻の限定車、中古車で今いくら?】ピンク色は安いという常識を覆したトヨタ・クラウン“Re BORN PINK”の市場価格をチェック

2012年12月25日。先代トヨタクラウンの発表会のステージに突如登場したピンク色のクラウン。その壇上で豊田章男社長は「当初このピンク色のクラウンを発売する予定はありませんでした。しかし、クラウンをRe BORNさせるという思いから、必ず街を走る日がやって来きます」と約束してくれました。

そして2013年8月30日、その日がやって来たのです。クラウンはピンクのボディカラーを採用した特別仕様車の“Re BORN PINK”を設定し、9月1日から30日までの期間限定で販売されたのです。

特別仕様車のクラウン“Re BORN PINK”はアスリートG(ハイブリッド・FR車)とアスリート G i-Four(2.5lガソリン・4WD車)がベースとなります。ボディカラーに新規開発色のモモタロウを採用。インテリアは新色のホワイトをシートやセンターコンソール、ドアトリムなどに採用し、内装色のブラックと組み合わせることで、明快なコントラストを生み出します。

また、演出家でクルマ好きのテリー伊藤氏がカラーコーディネイトを手掛けて、「PINK SURPRISE」をキーワードにメーター指針やパワースイッチ、ステアリングオーナメント王冠マークなどにピンク色のアクセントカラーを採用するなど上質で特別感のある室内空間となっています。

クラウン“Re BORN PINK”は2013年9月1日〜9月30日までの総受注台数は約650台で、その内訳はアスリートGが約610台。そしてアスリート G i-Fourが約40台となっています。それでは、このピンクのクラウンが現在どのような中古車相場になっているのか見てみましょう。

『トヨタ・クラウン』の最新記事
「王冠」ではなく「皇冠」。中国のクラウンは「らしさ」が特徴!?【上海国際モーターショー2019】
15代目クラウンの「6ライトウインドウ」は古参客にも受け入れられるか?
【新型クラウンTRDカスタム】メーカー直系らしいフィッティングで、RSグレードをさらにアグレッシブに
【コネクテッドの実力は?】新型クラウンに搭載されているコネクテッドは便利なのか、確かめてみた
【新型クラウン試乗】ハンドリングと乗り心地は欧州車に並ぶレベルとなったか? 2.0L RS Advanceをチェック
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事