ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2018」に初参戦

日本におけるルノーラインナップの中で一番人気になっているのがトゥインゴだそうです。コンパクトサイズにRRというレイアウトを採用し、キュート過ぎないエクステリアやボディカラーは、男女、年齢を問わず幅広い層から支持されています。

全日本ラリー選手権の最終戦となる第10戦「新城ラリー2018」に、シンクマーク ラリーチームから大橋 逸夫選手(ドライバー)、高橋 芙悠選手(コ・ドライバー)のペアがスポーティモデルであるルノー トゥインゴGTで参戦。初参戦ながらもトラブルや事故もなく、クラス8位完走を果たしました。

ルノー トゥインゴGTが全日本ラリー選手権に参戦するのは初めてで、会場に集まったラリーファンからも大いに注目を集めたそう。

ルノー トゥインゴGTは、特徴的なリヤエンジン、リヤドライブ(RR)の駆動方式を持つ ルノー トゥインゴに、レース活動を通じて得た豊富なノウハウを持つルノー・スポールがチューニングを施した109psを発生するターボエンジンを搭載。

同じくルノー・スポールがシャシーに専用のチューニングを施したコンパクトスポーツ。今回参戦した車両は、このルノー トゥインゴ GTを車両規定に沿って改造したラリー仕様の車両となっています。

なお、シンクマーク ラリーチームは、来年の全日本ラリー選手権に引き続きルノー トゥインゴGTで参戦する予定だそうです。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

ルノー・ジャポンが「ダイナース クラブ フランス レストランウィーク 2019」に協賛。トゥインゴをテーマにしたオリジナル料理を披露
【新車】情熱の赤をまとった「ルノー ルーテシア アイコニック」が40台限定で登場
【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表
【新車】ルノー カングーに定番モデルの「クルール」が200台限定で登場。爽やかなカラーが魅力
ルノー カングー クルールが200台限定で発売。美人アーティストのイラストで彩られたアート車も注目 
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事