トヨタとマツダが共同で米アラバマ州に年産能力30万台の新工場を建設へ

トヨタ自動車とマツダが11月16日、共同出資により、米南部アラバマ州ハンツビル市で新工場建設に着工したと発表しました。両社は総額16億ドル(約1800億円)を投じ、2021年の稼動を目指して いるそうで、4,000人程度の従業員を採用する模様。

新聞報道等によると、新工場の年間生産能力は30万台で、トヨタは「カローラ」を、マツダは北米市場に投入する新型車をそれぞれ生産する計画のようです。

マツダは2012年8月に米国生産から撤退しており、米国での生産は約9年ぶりとなるもので、日本やメキシコから米国に完成車を輸出していた同社にとって、米国内で唯一の車両組立拠点となります。

両社は今回、製造業を目指す人材の育成などを目的に、地元の学校や公的団体等に総額87万ドルを寄付したことも併せて明らかにしました。

Avanti Yasunori

【関連記事】

マツダがLAオートショーで新型「Mazda3(アクセラ)」をワールドプレミア
https://clicccar.com/2018/11/12/651855/

米国トヨタがLAオートショーで「プリウス」2019年モデルを公開
https://clicccar.com/2018/11/11/651357/

トヨタ自動車が中国事業拡大に意欲! 現地生産能力を200万台/年規模へ
https://clicccar.com/2018/11/10/651001/

米・SEMAショーに「カローラ スポーツ」の各種カスタマイズ・モデルが登場!
https://clicccar.com/2018/11/05/648998/

11月発表予定の「あのクルマ」? マツダが新型車の発売予告動画を公開
https://clicccar.com/2018/10/19/641254/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事