トヨタの1人乗り&立ち乗りEVの「C+walk T(シーウォークティー)」は、連続走行約14km・最高速10km/hで、価格は34万1000円〜

■障害物検知機能付の“Safety support”は35万4200円

新たなモビリティが続々と登場しています。トヨタは1人乗りの立ち乗りEVといえる「C+walk T(シーウォークティー)」を2021年10月1日にトヨタのディーラーで販売を開始し、レンタリース店でも取り扱っています。

トヨタ C+walk T(シーウォークティー)
トヨタの新モビリティ「C+walk T(シーウォークティー)」が発売開始

ボディサイズは、全長700×全幅450×全高1210mm。身長制限は140cm~185cm、体重制限は100kgで、歩道も含めて公道での走行は不可となっています。

C+walk T(シーウォークティー)
空港内での使用イメージ

ショッピングモールなどの商業施設や空港内などが想定されているそうで、巨大な倉庫などでも使われそう。

バッテリーは電動アシスト付自転車のような脱着式のリチウムイオン電池を搭載。100V/6Aの普通充電で満充電までは約2.5時間、連続走行距離は約14km。最高速度設定は、2、3、4、5、6、10km/hから切り替えができます。

前1輪、後2輪という車体構成。最大ハンドル角90度を実現し、その場旋回(最小回転半径0.59m)が可能になっています。

C+walk T(シーウォークティー)
正面から見た「C+walk T(シーウォークティー)」

操作方法は、まずバッテリー電源スイッチをオンの上、専用キーを認証エリアにかざすことでシステムが起動します。次に、ハンドル左右にあるアクセルレバーの操作だけで発進、加速、減速、停止まで可能。押すと進み、離すと止まるという簡単な操作方法が採用されています。

C+walk T(シーウォークティー)
その場旋回のイメージ

必要に応じて左右両手で操作できるブレーキレバーを握ることで、より減速をサポートするなど、自転車のようなブレーキ操作(減速)も可能です。また、後退はバックボタンを押せばOK。操作系は、ハンドル角度やグリップ形状、レバーやボタンの配置など、人間工学に基づき、誰でも直感的に操作できるように配慮されたそうです。

トヨタ C+walk T(シーウォークティー)
ハンドルまわりのレイアウト

装備では、ほかにもバッテリー残量や速度がひと目で分かる状態表示パネルが用意されています。メカニズムの面では、ごく一部の電動アシスト付自転車やE-Bikeなどが採用しているインホイールモーター方式が採用されているのが注目点です。

C+walk T(シーウォークティー)
電動アシスト付自転車のようなリチウムイオン電池を採用

フロントのホイール内にブラシレスDCモーターが配置され、スムーズな発進、停止と旋回フィーリングが得られるそう。同時にインホイールモーターにすることで、車体デザインや設計の自由度が高まっているはず。

デザイン上の特徴は、ステップ高150mmと低く、段差のないステップ(フロア)となっています。周囲の人とのコミュニケーションが取りやすい、立ち姿勢での乗車スタイルを採用。周辺への圧迫感が少ない、先進的なフォルムを目指したそうです。

C+walk T(シーウォークティー)
最高速度切替機能(操作部)

また、ハンドルステム部(フロントフォーク上端とハンドル下端部中央とをつなぐ部分)からシームレスにつながる樹脂ボディに、ワンタッチで脱着可能な取換式バッテリーが内蔵されます。

ボディカラーは、ブラックを基調に、樹脂のウォームグレイが組み合わされた2トーンカラーを採用。

トヨタ C+walk T(シーウォークティー)
障害物検知機能(センサー部)

安全面の配慮もされています。走行時、前方の人や障害物との衝突回避に寄与する障害物検知機能を“Safety support”に用意。ボディ前面の周辺検知センサーが検知すると、警告音とパネル表示で警告し、約2km/hまで減速します。

さらに、ハンドル操作時に、操舵角を検知し、走行速度を抑制する旋回速度抑制機能を標準装備。傾斜地での走行時には、急斜面進入を通知し、降坂時の速度によって自動減速する急斜面検知機能も“Safety support”仕様に採用されています。

トヨタ C+walk T(シーウォークティー)
車いす連結タイプ。こちらは、プロトタイプ

ベースモデル、“Safety support”仕様ともに、パンクの心配がないノーパンクタイヤが備わります。価格は34万1000円で、“Safety support”付きが35万4200円です。

塚田 勝弘