最終デザイン見えた! レクサスRCの高性能モデル「RC F GT」、軽量カーボンボディでニュルを疾走

レクサスは、2ドアクーペ「RC」改良型を日本で発売したばかりですが、そのハイパフォーマンスモデル「RC F GT」開発車両がニュルで高速テストを開始しました。

今夏にも初期プロトタイプをキャッチしましたが、今回目撃したテスト車両はボンネットやルーフにカーボンファイバーを使用しており、市販型プロトライプと思われます。

2016年の「グッドウッド・スピード・オブ・フェステイバル」で初公開された「RC F GT コンセプト」は、「RF F」と比較して800ポンド(約363kg)の軽量化を図り、車重は3,130ポンド(約1,420kg)でしたが、市販型ではさらに50kgから100kgの軽量化が予想されます。

この試作車のヘッドライトとテールライトはRC改良型と同様のようですが、、コーナーエアインテークが大型化され、スピンドルグリルの下部にも新たな吸気口、ボンネットにもエアスクープを装備しています。またリアウィング、リップスポイラー、サイドシルなどの「F」エアロパーツやクワッドエキゾーストパイプ、大型の赤いブレーキキャリパーなどで武装しています。

パワーユニットは「RC F」から流用される5リットルV型8気筒エンジンを搭載。8速ATと組み合わされ、最高出力は468馬力・最大トルク527Nmを発揮します。またRC Fは0-100km/hを4.5秒で駆け抜けますが、RC F GTは4.3秒程度が期待できそうです。

ワールドプレミアの場は、早ければ11月のロサンゼルスモーターショーですが、2019年1月のデトロイトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
ポルシェ ケイマンGT4 RS_005
もう「プアマンズ911」とは言わせない! 究極のポルシェ・ケイマン「GT4 RS」市販型がニュルを疾走
プレミアムSUVの代名詞・レンジローバーの次期型はBMW製V8で豪雪を激走中
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事