新型アウディ・A1に「オールロード」が初設定。クワトロならQ2よりお得?

アウディのコンパクト・ハッチバック、新型「A1」に初設定される「オールロード」のプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

現在「オールロード」は、「A4」と「A6」に設定されていますが、初代「A1」には設定されておらず、2代目にして初めての設定となります。新型「A1」は「MQB」プラットフォームを採用。現行モデルと比較して、全幅はほぼ同じながら、全長は56mm延びています。

ニュル高速テストで捉えた開発車両はリフトアップされ、新しいグリルデザインが採用されています。市販型には、より広いホイールアーチ、スキッドプレート、ワイドなサイドシル、ルーフレールを装備する可能性があります。

ワールドプレミアは、2019年秋が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ブガッティが1000馬力のハイパーSUV計画か? 発売は2023年、軽量ボディにハイパワーエンジンを搭載
アウディ・A5カブリオレ改良型はココが変わる! 市販型プロトタイプをキャッチ
LFA以来の衝撃!? レクサス・LCに最強の「F」が設定。2019年内にデビューの噂
これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録
450psのスーパーワゴン「アウディ・RS4アバント」が大変身。改良型プロトタイプを初キャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事