謎のレクサス・LFAをニュルでキャッチ!トヨタ・GRブランドの開発車両か?

ニュルブルクリンクで高速テストを行なう、謎のレクサス・LFAをカメラが捉えました。

目撃したテスト車両は、フロントにリップスポイラーやカナードを装着するほか、サイドシル、ホイールや固定式大型リアウィングなどの装備からも、わずか50台の限定モデル「ニュルブルクリンクパッケージ」のテストミュールと思われます。

唯一異なるのはカモフラージュが施されている前後フェンダーです。ワイド化されており、高性能モデルのテストミュールの可能性があります。またAピラーやその後ろのウィンドウに小型センサーが取り付けられており、タイヤを含む何らかのデータを集計しているようです。

現在、「LFA」に後継モデルの噂はなく、後継モデルの可能性は低いと予想されます。またハードコアモデルなら、エアインテークを含むバンパー周辺もカモフラージュがされているはずですので、このプロトタイプからは考え難いです。

残る可能性は「GR」ブランド初のハイパーカー「GRスーパースポーツ コンセプト」市販モデルのテストミュールです。

2018年1月の東京オートサロンで公開されたコンセプトカーは、V6ツインターボエンジンとレース用のハイブリッドシステム「THS-R」を搭載すると発表されました。

市販版では2.5リットルV6ツインターボエンジン+THS-Rにより、最高出力は800psから1000psを発揮すると予想されます。予想される販売価格は、「LFA」の3750万円を大きく超える1.5億円とも予想されているハイパーカーです。

これは今年8月にトヨタのオーストラリア広報・オーランド・ロドリゲス氏が「Motoring」誌に言及したもので、タイミング的にも市販化プロジェクトが動き出した可能性もあります。

市販化が実現するとしても、2020年以降となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?