11年ぶりのフルモデルチェンジ!「四駆女子」矢田部明子が新型JEEPラングラー発表会に突撃!

11年ぶりにフルモデルチェンジした【新型 JEEP ラングラー発表会】が10月25日に舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で開催されました。

なんとすぐ目の前は、世界的に有名な夢の国。あま~い、ポップコーンの匂いを掻き分け会場入りしました(笑)当然ながら【新型 JEEP ラングラー発表会】の発表会のために集まったJEEP達が駐車場に並んでいました。

おおう!こんなにJEEPが並んでいると、やはり迫力が違いますな!
もちろんクルマは全て好きですが、やっぱり四駆というジャンルのクルマの見た目は大好きです!もう、この駐車場を見ただけでもかなり満足。

実は、私の愛車は【ランドクルーザー76】なので四駆というジャンルのJEEPラングラーのフルモデルチェンジには期待を寄せていました。小ネタですが……トヨタが戦後、警察予備隊向けに米軍のジープのような4輪駆動車を開発してほしいという打診を受け、「トヨタジープ」というクルマを作りました。後に「ジープ」が商品名と知って「ランドクルーザー」に改名したというエピソードがあります。おそらく「ジープ」は英語で「四駆」という風に思っていたのかも!

ということで、今回は四駆女子である 矢田部明子 の【新型 JEEP ラングラー発表会】突撃リポートです!

●発表会の全体の流れはこんな感じ↓

ジープオーナー&ジープファン&メディア関係者が先着で1000名招待されていました。新型JEEPラングラー発表のほかにも、音楽家・坂本龍一氏を迎えてのトークセッションや、ペインター・DRAGON76氏(ジープが子供の頃から憧れのクルマだったとのこと。関西弁で親近感が沸きました)ライブパフォーマンス、GOSPEL SQUARE SINGERSによるゴスペルライブ(この日のために、JEEPを表現した歌を作曲)など、盛り沢山な企画が用意されていました。

ところで、私はふと疑問に思ったのですがアメリカが原産であるJEEPが何故こんなにも日本で売れると思いますか? 今日の発表会でも、ヘグストロム社長が話していましたが「日本は北米を除いて1番の売り手市場」だそうです。販売台数も2009年から年々増えています。
確かに、JEEPと聞くとオフロードのような悪路走行可能!というイメージがありますが日本の道路は綺麗に補正されて、世界的にみてもとても走りやすいと思います。

では、なぜJEEPが売れるのか?

『ジープ』の最新記事
ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン
圧倒的な悪路走破性や存在感が自慢のジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコンに限定車の「リーコン」を設定【新車】
ジープ・ラングラー
ミリタリーテイストあふれる専用アクセサリーを装備したジープ・ラングラーの限定車「フリーダム・エディション」が200台限定で登場【新車】
ジープ・レネゲード
ジープ・レネゲードに特別色の「スレートブルー・パールコート」と19インチホイールを履く特別仕様車が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事