【フォルクスワーゲン ポロTSI】見ても、座っても、走っても「硬質」。その理由とは?

フォルクスワーゲンの6代目ポロ・TSIハイラインに試乗しました。

現行のポロは史上初めて全幅が1700mmを超えて3ナンバーサイズになりましたが、全長は4mを少し超える程度で相変わらずコンパクトな車体が魅力です。
全長・全幅・全高は4060・1750・1450mmです。

エクステリアデザインは従来のポロイメージを踏襲しつつ、現行ゴルフを始めとしたフォルクスワーゲンファミリー全体の流れに沿うものとなっています。
注目はボディの全体に入ったプレスラインのエッジの鋭さです。

「これは折り紙細工なのか?」と思うほど明確にきっちり入ったプレスラインは、ボディ全周に渡って入っています。


また各パネルの隙間についても狭く、均一で整っているのは誰の目にも明らかです。

荷室については4人乗車の状態で351Lを確保しています。

前後シートの座り心地は硬めで体をしっかりとホールドしてくれます。

ステアリングやシフト周りの操作感もしっかりと剛性感があり、好印象です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事