【WEC富士6時間レース】日本初お目見えのBMW M8 GTEは本当に「デカい」のか?

10月13〜14日に富士スピードウェイで開催された「FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レース」には、GTEクラスのマシンで日本初上陸のマシンが2台登場しました。

一台はASTON MARTIN RACINGのAston Martin Vantage AMR。昨年11月に日本でも公開されたAston Martin VantageのGTEレーシングバージョンとなります。

AMRとはASTON MARTIN RACINGの略で、メルセデスで言うところのAMGに相当するようなハイパフォーマンスブランドとして2017年に立ち上げられたブランド。FRレイアウトながらポルシェ911RSRよりも全長が短いのが特徴でコーナーリングマシンと言えるのかもしれません。

こちらも日本初お目見えのBMW M8 GTE。ルマン24時間レースの際はtwitterで大きな話題となったのでご存知の方も多いことでしょう。

なぜそんなにtwitterで話題になったのかといえば、その大きさ。全長がリアウィング含めて4,980 mm、全幅は2,224mm、全高は1,212mm、ホイールベースは2,880mm。全高以外全部デカイ!

WEC富士6時間レースで総合の1・2フィニッシュを飾ったTOYOTA Gazoo RacingのTS050 HYBRIDは全長4650mm、全幅1900mm、全高1050mmですから、いかにBMW M8 GTEが大きいかお分かりいただけると思います。

富士スピードウェイのTGRコーナーで撮った写真を見ても、手前のAston Martin Vantage AMRと比べてなぜか遠近感がおかしい気がします。

背後にLMP1クラスのマシンが迫ってきても全く見えないほどの大きさ。やっぱり本当にデカい!

しかし、デカイデカイと話題にされながらもマシンの強さはホンモノで、BMW M8 GTEの82号車はGTE-PROクラスで2位表彰台を獲得しています。話題になるマシンは、強いからこそ話題になるのでしょうね。どれだけ話題になったのかは「BMW M8 GTE でかい」で検索してみてください。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事