公開直前!メルセデス・ベンツ 新型Bクラスの室内&市販型LEDをプレビュー

10月のパリモーターショーで初公開が予告されているメルセデス・ベンツの欧州Cセグメント・ミニバン、「Bクラス」の最新プロトタイプをキャッチしました。

これまで見られなかった新型のヘッドライト・グラフィックやコックピットも撮影に成功しました。

新型のプラットホームには「Aクラス」と共有する最新世代の「FMA2」を採用し、「Aクラス」より広い室内、丸みを帯びたデザインを特徴としています。

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーのコーナーエアインレット形状は隠されていますが、2本のデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、「Aクラス」新型に似たデザインが予想されます、テールライトの一部などを確認することができます。

初めて捉えたキャビンも、「Aクラス」と同様に2つの高精細ワイドディスプレイ(最大10.25インチ)やスマホ感覚で操作出来るタッチパッドが見てとれます。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒・最高出力187psを発揮する2リットル直列4気筒ガソリンエンジン「B220」と、最高出力221psを発揮する「B250」、最高出力114psを発揮する1.5リットル、及び2リットルディーゼルエンジンなどのラインアップが予想されています。

最大の目玉は、最高出力115ps、140ps、160psが設定される1.3リットルガソリンターボエンジンです。これはルノー日産と共同開発したもので、高いトルクを発生すると共に、18km/L以上の燃費を実現し、経済的にも優しいエンジンとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 ティザーイメージ
日産パスファインダー&フロンティア新型、2月4日デビューへ!
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
ポルシェ ケイマンGT4 RS_005
もう「プアマンズ911」とは言わせない! 究極のポルシェ・ケイマン「GT4 RS」市販型がニュルを疾走
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事