燃料電池車はクルマだけじゃない! 世界初「FC列車」がドイツで営業運転開始

燃料電池車(FCV)といえばトヨタ自動車が開発した「MIRAI(ミライ)」を思い浮かべますが、欧州では水素で走行する鉄道列車が登場しました。

仏ALSTOM(アルストム)社が開発、ドイツ北西部のニーダーザクセン州の鉄道会社が導入した車輌が124kmの路線で営業運転を開始したそうです。

列車上部に水素を充填したタンクが設けられており、燃料電池により水素と空気中の酸素を反応させて発電する仕組みで、列車の最高速度は140km/h、水素満充填状態での連続走行距離は約1,000kmとなっています。

大気に有害物質を排出せず、走行中も静かで架線も不要。電車の動力として水素利用が実用化されたのは世界でも初めてのことで、2021年には14車両のFC列車が運行する予定になっているそうです。

Avanti Yasunori・画像:ALSTOM)

【関連リンク】

ALSTOM   https://www.alstom.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事