【新車】SUBARU XVにもハイブリッド「e-BOXER」を追加。フォレスターとの位置付けの違いは?

スバルのクロスオーバーSUV 「SUBARU XV」にハイブリッド追加の発表です。スバル・フォレスターが採用した2.0リッター直噴エンジン+小型モーター+CVTで構成される独自のシステム「e-BOXER」の横展開というわけです。

新しいボディカラー「ラグーンブルー・パール」は、ハイブリッドSUVらしいもので、自然にやさしいアドベンチャーテイストを感じさせるもの。インテリアもブルー加飾を使った仕様を設定することで内外装のコーディネートを狙っています。

先行してe-BOXERが採用されているフォレスターと異なり、ガソリン車のエンジンが1.6リッター/2.0リッターという設定のSUBARU XVでは、2.0リッターエンジンにモーターを加えたe-BOXERは、燃費重視のハイブリッドではなく、パフォーマンスを高めた最上級グレードといった位置づけになるといえます。

ひとクラス上のサイズ感となるフォレスターでも余裕の走りを感じさせてくれるe-BOXERが、SUBARU XVにどのような新キャラクターを加えるのか、気になるところといえるでしょう。

(山本晋也)

【関連リンク】

SUBARUオフィシャルwebサイト SUBARU XV 「Advance」特設ページ
https://www.subaru.jp/xv/advance/

『SUBARU XV』の最新記事

【新車】「e-BOXER」をフォレスターだけでなく「SUBARU XV」にも搭載へ