普通自動車免許の失効・取消からの再取得。「初心者マーク」を付ける必要はある?ない?

●2度目でも「初心者」なの?

 

新たに普通自動車免許を取得してから1年間は表示義務のある「初心運転者標識」。初心者マークや若葉マークとも呼ばれています。マグネットタイプや吸盤タイプのものがクルマに貼られていますね。

見かけたときは、車線変更時などに周りが気を使ってあげる場面もあるかと思います。ちなみに、初心者運転保護義務違反というものもあり、優しく接してあげてねというような内容が、道路交通法第71条として規定されていますからイジワルは厳禁です。

さて、この初心者マーク、何らかの理由で免許が失効もしくは取消となり、再取得した場合もクルマに貼らなければならないのでしょうか?

失効といえば、更新のタイミングを忘れ、有効期限を過ぎてしまったケース。取消といえば、違反点数が基準以上に累積する、重大な交通違反や事故を起こすなどのケースが考えられます。

なんとなく、失効と取消で初心者マークを貼る貼らないの違いがありそうです…が、実際はどちらのケースでも貼らなくてはなりません。

それまでの経緯がどうであろうと、免許を再取得した場合は1年間、運転するクルマに初心者マークを貼る必要があります。

でも、表示義務がないケースもあるのです。

『運転免許』の最新記事
85歳以上の運転免許人口は10年間で約3倍に! やっぱり高齢化はクルマ社会にも到来していた!!
刑務所での服役は「やむを得ない理由」。「塀の中」での免許更新の方法とは?
免許がいらない「軽車両」っていったい何?
【意外と知らない運転免許証】漢の憧れ、大型自動車免許(1種&2種)とは?
普通自動車免許の失効・取消からの再取得、初心者マークをつけないための「裏ワザ」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事