クラス最強400馬力を発揮。アウディ「RS Q3」次期型、新グリルを露出してニュルに出現

アウディのクロスオーバーSUV・新型「Q3」に設定される最強モデル、「RS Q3」をニュルで捉えました。これまでは、グリルを隠した試作車でしたが、今回はほぼフルヌード状態です。

アウディ・ブランドの次世代高性能モデルに採用される、ハニカムメッシュグリル、コーナーエアインレットを剥き出しにし、ヘッドライトは「Q3」とは異なるグラフィックのLEDデイタイムランニングライトが見て取れます。

さらにフェンダーエクステンション、サイドスカート、大径ホイール、リアスポイラー、ディフューザー、楕円形のツインエキゾーストパイプなど、かなりアグレッシブエクステリアが完成しています。

新型Q3シリーズのプラットフォームには、VWグループの最新アーキテクチャ「MQB」を採用し、約50kgの軽量化を図ると共に、ホイールベースは50mm、全長は60mm、全幅は50mm拡大されると予想されています。

パワートレインも強力です。ベースのエントリーモデルには、最高出力150psを発揮する1.5リットルTFSIエンジンが搭載されますが、「RS」には最高出力400ps、最大トルク480Nとも噂される2.5リットル直列5気筒エンジンが搭載されると思われます。

すでにオフィシャル写真が公開されている「Q3」のワールドプレミアは10月のパリモーターショーとなりますが、その後は「SQ3」を2019年3月に公開し、「RS Q3」は2019年後半というスケジュールが予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?