【新車】大ヒット中のシトロエン・C3に、上質な内外装が際立つ「C3 コロラド」を設定

欧州Bセグメントのベンチマークといえば自他ともに認める存在が、フォルクスワーゲン・ポロ。新型にスイッチし、走りや居住性がいっそう磨き上げられています。

同じBセグメントのシトロエンC3は個性的な内・外装をはじめ、VWポロとはひと味違った上質な乗り味、意外なほど「走る」など、魅力満載。近年のシトロエン車としては例がないほど売れているというのもうなずけます。

8月20日に発売されたシトロエン「C3 COLORADO(コロラド)」。同モデルは、C3が2017年7月に日本で展開された記念限定モデル「Shineデビューエディション」で好評だったという、上質なツイード調ファブリックとテップレザーのコンビの内装に寄せられた多くの要望から企画されたものだそう。

車名は、アメリカ中西部コロラド川の侵食によるダイナミックで広大な自然景観にインスパイアされたそうで、ライトブラウンの人工皮革をアクセントとして各部にあしらわれた、カタログモデルには設定のない仕様。

インテリアは、ハンドバッグの持ち手をイメージしたという、ドアハンドルのデザインなどに代表されるシトロエンC3が持つファッション性の高さをさらに強調された仕上がりになっています。

ボディカラーは、「アーモンドグリーン」に「ブランオパール」のルーフをはじめ、「ブランバンキーズ」に「ルージュアデン」のルーフ、「ルージュルビ」に「ノアールオニキス」のルーフが組み合われた計3種のカラーコーディネイトに2トーンの17インチ大径タイプが装着され、足元もアップグレードされています。

エンジンは、110ps/205Nmという1.2L直列3気筒ターボで、トランスミッションは6AT。特別仕様車「C3コロラド」の価格は252万円(ペイントオプション込み)です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。