ボルボV40にスポーティな限定車が登場

2013年2月の日本発売以来、好調なセールスをキープしているボルボV40。競合ひしめくCセグメントの中でも、ひと際スポーティなフォルムやインテリアに代表される高い品質感が魅力です。

V40CC_V40Sports今回、「V40 T4 Sport」と「V40 Cross Country T4 Nordic」の特別限定車2モデルがリリースされました。各200台限定で前者が379万円、後者が380万円です。後者の「V40 Cross Country T4 Nordic」には、試乗することができましたので、後日試乗記をお届けしたいと思います。

V40Sports_01ここでは「V40 T4 Sport」からご紹介。ベース車は338万4000円「V40 T4 SE」で、1.6Lの直列4気筒DOHCとゲトラグ製のDCTの組み合わせはもちろんベース車と同じです。

V40Sports_02専用のサイド/リヤディフレクター、ディフューザー、左右に配置されるエンドパイプダブルからなる「エクステリア・スタイリング・キット」を特別装備し、ボディカラーはアイスホワイトとブラックサファイアメタリックの2色を設定。

V40Sports_03

専用装備によるエアロボディも目を引きますが、シルバーとレッドのアクセントラインがリヤフェンダーの前後に用意されており、一見でベース車との違いを感じることができます。

V40Sports_05また、足元も専用の18インチ鍛造アルミホイール「Ymir(ユーミル)」と225/40R18タイヤにより、濃厚なスポーティムードを演出。

装備も充実しており、ナビゲーションパッケージ/PCC・キーレスドライブ/リヤビューカメラが標準装備になります。

各メーカーから最新モデルが出揃った感のある欧州Cセグメント車ですが、これからはこうした限定車などで、鮮度と話題性を保つことがライフサイクルを通して成功モデルになるために欠かせない戦略になりそうです。

(塚田勝弘)