画像流出!これが新型BMW・Z4の高性能モデル「M40i」だ

BMWが8月23日に開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」で公開予定の新型「Z4」を、中国人インスタグラマーのLiucunyi氏が自身のSMSでリークしました。

流出した画像からは、コンセプトモデルから継承する、実に滑らかなリアビューとサイドビューが確認できます。フロントマスクには、これまでの開発車両では隠されていたフロントバンパーやエアインテーク形状、イカリング備えないLEDデイタイムランニングライトなども鮮明に確認できます。しかも、リアのバッジやバンパーから高性能『M40i』と見られます。

パワートレインは、190psと250psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、パワーモードで最大204psを発揮するハイブリッドなどが予想されています。現在のところ、最上級モデル「Z4 M」の登場に関する情報がないため、暫定最強モデルとなる「M40i」には、最高出力385psを発揮する新開発の3リットル直列6気筒ターボエンジンが搭載されるとレポートされています。

新型「M40i」では、Mスポーツブレーキシステム、スポーツサスペンション、電子制御されたダンパーに新開発のフロントアクスルを装備し、かなり高性能なピュアスポーツカーとして生まれ変わるようです。キャビンには、次世代デジタルコックピット「BMWオペレーティングシステム7.0」が搭載されるでしょう。

(APOLLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?