【新型クラウン試乗】ハンドリングと乗り心地は欧州車に並ぶレベルとなったか? 2.0L RS Advanceをチェック

新型クラウンの売れ行きが大変好調です。発売一か月で約30,000台、月販目標4,500台の約7倍もの台数が売れています。クラウンとは思えないほどに、シャープなエクステリアデザインやインテリアデザインには、トヨタが狙う「顧客層の若返り」の意図が現れています。

今回、2.0LのRS Advanceモデルに試乗することができましたので、ご紹介していきます。

「いつかはクラウン」というキャッチコピーが謡われたのも35年前(1983年の7代目クラウンに用いられた)、「日本の高級車」の代名詞として世間に認められたクラウンも今回で「15代目」です。固定客の平均年齢層はすでに70代に近く、トヨタ自動車もその点を常に心配しており、これまでにも「クラウンの若返り」改革を続けてきました。そして今回のクラウンもキーワードは「若返り」。

今回、アスリート、ロイヤル、マジェスタの3つのシリーズを統合し、「クラウン」に1本化した戦略へと変更をしてきました。今回のクラウンは「若返りをしながらも、すべての世代に乗ってほしい」という意気込みで作られており、メーカーそして販売サイドも、大変力を入れているようです。

中でも「RS」は、よりスポーティな方向に味付けをしたモデルです。3.5Lハイブリッドや2.5Lハイブリッドと比べ、鼻先が軽くなる2.0Lターボエンジン仕様ならば、よりスポーティなハンドリングが味わえる予感がしています。今回は、横浜ポートサイド地区にある神奈川トヨタ マイクス本社店さんからお借りしました。

『トヨタ・クラウン』の最新記事
「王冠」ではなく「皇冠」。中国のクラウンは「らしさ」が特徴!?【上海国際モーターショー2019】
【幻の限定車、中古車で今いくら?】ピンク色は安いという常識を覆したトヨタ・クラウン“Re BORN PINK”の市場価格をチェック
15代目クラウンの「6ライトウインドウ」は古参客にも受け入れられるか?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事