フェイスリフトで「LC顔」になる!? レクサス・RCの改良型をキャッチ

レクサス・RCにとって初となる改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

現行「RC」は2013年の東京モーターショーでワールドプレミアされて以来5年が経過。初のフェイスリフトでは前後デザインが刷新されそうです。

捉えた開発車両は、フロントマスクとリア部分をフルカモフラージュしており、新型モデルの後期テスト車両のようです。巨大なスピンドルグリルはよりシャープに、その下部には新たなエアインレットを備えています。

コーナーエアインテークのデザインも刷新されるほか、ヘッドライトは兄貴分「LC」からインスパイアされた滑らかなデザインが採用される可能性があるようです。またテールライトのグラフィックもリフレッシュされると思われます。

パワートレインは、最高出力318psを発揮する3.5リットルV型6気筒エンジンがキャリーオーバーされますが、燃費などの改善が行われるはずです。10月のパリモーターショーでサプライズデビューする可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

復活のトヨタ「MR2」、2021年にハイブリッドで発売!?
ポルシェに水平対向8気筒モデルが登場? 次世代ミッドシップ「988」は700馬力へ
日産・ジュークはどうなる!? ルノー「キャプチャー」新型プロトタイプを初キャッチ
ロータス、超ド級1000馬力のEVハイパーカー「オメガ」を計画中?
零下30度のノルウェーでBMW X1改良型プロトタイプをキャッチ。コックピットにはタッチスクリーンを確認

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事