ホンダ・シビック タイプRのテスト車両はハードコアと廉価版の「ハイ・ロー」2モデル?

ホンダ・シビックのハイパフォーマンスモデル、「シビック タイプR」のテスト車両2車種をカメラが捉えました。

偽装具合からフェイスリフトモデルかと思いましたが、2017年9月に発売されたばかりの新型モデルにとっていささか早いため、さらなるハードコアバージョンの可能性が考えられます。

ホワイトボディの開発車両は、偽装されているフロントのコーナーエアインテークとリアバンパーに変化が見られます。現行「タイプR」はライバルのフォード「フォーカスRS」より44ps劣っているため、より強力なホットモデルを投入する可能性があるとレポートされています。

続いて赤いボディの開発車両ですが、現行「タイプR」と同じフロントバンパー、ブレンボ製ブレーキを装着、リアにはセンター出しトリプル・エキゾーストパイプが確認できます。注目はコンパクトなリアウィングが装着されていることです。恐らく3万ドル以下で発売されると噂される、廉価モデルの可能性が高いです。

高性能バージョンの詳細は不明ですが、廉価モデルは、10月のパリモーターショーでサプライズデビューする可能性があるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

初の世代交代。プジョーSUV「2008」、新設定EVモデルか!?
最高出力は600ps超のスーパーPHV「ポールスター1」市販型を初スクープ!
クーペSUVの頂点を狙う!メルセデスAMG GLE63クーペの次期型はクラストップの630psに
新型 M3は3バージョンを用意!? 「M4」と同時に9月にも公開?
アウディ・A6オールロードの最終デザインを予想。デビューは3月か?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事