「ミニ」にもついにEVモデルが登場か? BMWテクノロジーで開発されるテスト車輌をキャッチ

MINIブランド初となる本格市販EV「MINI E」(仮称)の開発車両を、充電中にカメラが捉えました。

オーストリアのアルプスで捉えたプロトタイプは、エキゾーストパイプを持たないリアバンパーや、グリスレスとなるフロントマスクと充電口を持っています。さらに2017年のフランクフルトモーターショーで初公開した「エレクトリック コンセプト」と同タイプのホイール装着していることがベースモデルと異なっているようです。

ドアには「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られ、この車が完全エレクトリックであることを疑う余地はないでしょう。

パワートレインは、BMW「i3」EVテクノロジーが移植される見通しです。1度の充電による航続は400kmを目指し開発が進められているといい、急速充電では、約40分で最大80%の充電を完了します。最高出力170ps、最大トルクは250Nmを発揮、0-100km/h加速は7.3秒のパフォーマンスが予想されています。

ワールドプレミは、早くとも2019年後半と伝えられています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事