ヴェゼルとは違うの!? ホンダ「HR-V」がフェイスリフト決行で今秋デビュー

ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」は、2018年2月に改良型を発表しましたが、それに伴い欧州版「HR-V」も前後デザインを一新するようです。

「ヴェゼル」は、ヘッドライトのグラフィックやグリル周辺などがリフレッシュされ、エクステリアを中心に変更されました。

しかし、南ヨーロッパでカメラが捉えた開発車両は、ヘッドライト周辺だけにとどまらず、フロントバンパーやテールライトのカモフラージュされていることから、「ヴェゼル」より大掛かりな改良が施される可能性や、独自デザインの採用も予想されます。

テクノロジーでは、ホンダ自慢の安全システム「ホンダセンシング」の全グレード標準装備も期待できそうです。現在はトヨタ「C-HR」に押されており、巻き返しを図りたい所でしょう。

欧州市場でのパワートレインは、1.5リットルVTECガソリンエンジンが7速DCTと組み合わされます。また1.5リットルVTEC+i-DCDスポーツハイブリッドがラインアップされます。

(APOLLO)