ポルシェ・カイエン、噂の「クーペ」をついにキャッチ

数年前から噂のあったポルシェ「カイエン クーペ」の実写を初めてスクープしました。

捉えた開発車両は、リアウィンドウはかなり寝かされ、ルーフがトランクリッドまで一気に伸びているファストバックスタイルが確認できます。また4ドアであることも分かります。

フロントガラスは「カイエン」より傾斜を持ち、可変式リアスポイラーを装備、ナンバーはバンパーへ移動されています。さらにテールライトのカモフラージュから、専用のデザインが与えられると予想され、派生モデルを超えたスペシャルモデルとなる可能性があるようです。

パワートレインは、2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジンの他、4リットルV型8気筒+電気モーターのハイブリッドモデルがラインアップされ、最高出力は680psを発揮。8速ティプトロニックSオートマチックトランスミッションと組み合わされます。駆動方式は全輪駆動が標準装備となるとレポートされています。

室内では、インターネット接続可能な「ポルシェ・コネクト」を備える12.3インチタッチスクリーン・インフォテインメントシステムを装備、プレミアムサウンドシステムが搭載されます。プラットフォームにはフォルクスワーゲングループの「MLB Evo」を採用し、流れるようなボディラインを手に入れる代わりに、後部座席の居住空間、ラゲッジルームの容量の減少は避けられないと思われます。

ワールドプレミアは2019年後半と予想され、アウディ「Q8」、BMW「X6」、メルセデス「GLE クーペ」らと市場で争うことになりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツのスーパーカー「SLR」が復活!? コンセプトモデルとしてサプライズ登場の可能性も
BMW「8シリーズ グランクーペ」最強モデルの「M850i グランクーペ」、公開直前にフロントフェイスが完全露出
復活のトヨタ「MR2」、2021年にハイブリッドで発売!?
ポルシェに水平対向8気筒モデルが登場? 次世代ミッドシップ「988」は700馬力へ
日産・ジュークはどうなる!? ルノー「キャプチャー」新型プロトタイプを初キャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事